その地方の

土地言葉(方言)が

失われることは

地域社会のくらしや

伝統文化が失われ

住民の気分の豊かさや

ぬくもりや特質が失われ

日常生活が貧しくなります。

そして

過去と現在が見失われ

未来も養われなくなります。


「松居直コレクションプロジェクト会報」よ り





私が月刊絵本を作っているのは

「家庭に本がないとだめだ」

というふうに思っているからです。

家庭に本があると、繰り返し繰り返し読む。


子どもが

喜ばなくてもいいです。

1年ほど経つと、

去年喜ばなかった本が、

すごく喜んだりすることがいっぱいあります。

その時その時で、

子どもの気持ちは変わりますから、

いろんな本があっていいんじゃないのかな

というふうに思っております。


「松居直コレクションプロジェクト会報」よ り





学校教育は、教えることばっかりで、

一番肝心な「命をもらった」

「体をもらった」「言葉をもらった」

ーそれが家庭の土台になってるんだということを、

小学校で子どもが気がつくように、

先生が教えるんじゃなくて

言葉で語りかけられなきゃだめです。

言葉は、命を作ってるわけですから。


「松居直コレクションプロジェクト会報」よ り