4月29日(祝)に令和4年度松居直コレクションプロジェクトの総会を開催しました。


開会に先立ち、去る4月19日にご逝去された松居身紀子さんを悼み、参加者全員で賛美歌を歌いました。その後、空とこども絵本館が開館した当時の身紀子さんからのお手紙を拝聴し身紀子さんを偲びました。


令和3年度はコロナ禍の影響で中止となった行事もありました。

今年度は、研修として6月に富山県美術館への「絵本原画の世界2022」展の見学会や、

9月には空とこども絵本館と小松市立図書館との共催による作家・中島京子さんの講演会、また、タイサンボク講座には小松市立大学学長の山本博氏を講師としてお迎えします。

企画展としては「絵本編集者・松居直の世界」を秋以降に予定しています。

結構盛沢山な一年になりそうです。



総会の議案の成立が修了したところで、休憩をはさみ、後半は松居氏の「絵本が伝える心」のDVDを視聴しました。

今年は是非ともそれぞれの行事が滞りなく開催できることを願っています。





まず家に言葉があるってこと、

そして、その言葉を

幼稚園や保育園、小学校や図書館で

たくさんの人が共有する

ーそういう心を

ぜひ考えて行っていただきたいと思います。


集団生活の中での読み聞かせは

「絵本の精神」「絵本の力」が

子どもの中に深く入って行かないんです。

ぜひ家庭で本を手にしていただければ

ありがたいなあと、私は感じております。


「松居直コレクションプロジェクト会報」よ り


松居直氏の奥様である松居身紀子さんが21日にお亡くなりになりました。

小松には、空とこども絵本館ができる前から松居氏と常にご一緒にお越しになり、

絵本館に向けてはたくさんの温かいお言葉をいただいておりました。

いつも朗らかで、身紀子さんの周りには笑顔があふれていました。

身紀子さん、本当にたくさんの愛をありがとうございました。

ここに謹んで哀悼の意を表します。