絵本館ホール夢の本棚の開放日が無事に終了しました。

今回はセンス・オブ・ワンダーをテーマにホール内を展示しご覧いただきました。たくさんの不思議を皆さん感じていただけたでしょうか。




ご来場いただいた皆様には展示してあるたくさんの写真の中からそれぞれが感じたままの絵を描いてくださった方々もおられ、一部ですが公開させていただきます。

皆さん思い思いの色で絵を描いて下さり、自然て本当にたくさんの色に囲まれているのですね。ご参加くださった皆さま本当にありがとうございました。


更新日:10月10日



人間が

語りかけるっていう言葉の中には

人間の気持ちがちゃんと通じます。

機械を通しての言葉は

気持ちは通じないですね。

その人のほんとの気持ちってのは

わからないです。


読書は

大切にされてるけれども

それまでの

言葉の体験が貧しいから

本格的な読書ができない。


「松居直コレクションプロジェクト会報」より

更新日:10月9日



読んだ文章の世界の中に、

言葉の世界の中に

どれほど深く入り込んでいけるかということが

「読書」ですが、

最近非常に貧しくなっております。


本の言葉の世界に入り込んで、

そこで

自分のいろんな気持ちが

どういうふうに動くか、

あるいは

共感できるか反発をするか。

心の働きがすごく大切なんですけれども、

それができなくて

ストーリーだけ読んでる感じがします。


「松居直コレクションプロジェクト会報」より