空とこども絵本館は、松居直氏から二度にわたって蔵書の寄贈を受けました。

 「こどものとも」の初版本や作家のサイン本、外国の絵本など、氏が手がけてきた絵本をはじめ、『トルストイ全集』や『折口信夫全集』 『柳田國男全集』など、青年時代の松居氏に強い影響を与え、氏の絵本作りの基盤となった書籍も多く含まれています。

 

  これらの寄贈の整理にあたり、松居直コレクションプロジェクトでは、以下の3点を目標に掲げました。

 

 1  絵本の楽しさを伝える 【親子読書の奨励】

 2  絵本の歴史を学び、進むべき方向を考える 【絵本文化の研究】 

 3  市が所有する知的財産として、次世代に正しく伝える 【絵本文化の継承】

           

 この目標に基づき、コレクションプロジェクトは活動を始めています。

今後は展示や講演会の開催など、さまざまな角度から絵本について考える機会を作っていきたいと考えています。

​以下を私たちは目指して活動をしています。

 絵本は子どもが読むものではない、大人が子どもに「読んでやる」ものだ…。

 これは、松居先生が折にふれておっしゃる言葉です。深い愛情や思いやりに裏打ちされた絵本の言葉が、優しい声で語りかけられ、子どもたちの心に沁みていく。耳で聞いた言葉を、これも松居先生の言をお借りするなら「食べる」ことで、子どもたちは真の豊かな言葉、豊かな感性を身につけていきます。

 子どもたちを膝に抱き、ゆっくりと絵本のページをめくるひとときは、大人にとっても豊かな時間です。絵を楽しみ、言葉を楽しんで過ごしていただきたいと思います。

 むかしばなしや民話には、私たちの先祖が長い時間をかけて積み上げてきた知恵がこめられています。それは、私たちの暮らしの中に息づき、文化の底流となって現代につながっている知恵です。

 「日本の絵本のルーツは、絵巻物にある」と松居先生はおっしゃいました。そうした観点から考えると、人類の知恵の堆積ともいうべきむかしばなしや民話などの物語を、絵巻物の形で表現する絵本は、文化の基盤をなすものと言えるではないでしょうか。

 絵本は、子どものときに読んでもらってそれで終わり、というものではありません。

 一度目は、子どものとき。大人に読んでもらう。

 二度目は、大人になって。自分の子どもに読んでやる。

 三度目は、年をとってから。自分のために読み返す。

 これは、柳田邦男さんがいつもおっしゃっていることです。確かに、絵本は卒業するものではないのです。

 選び抜かれた言葉で書かれた文章を読み、豊かな想像をかきたてる絵を味わうひとときを、大人になっても持ち続けていただきたい。そんな深い喜びを感じさせてくれる絵本を、これからも大切にしていきたい。それが、松居先生にお会いすることができた私たちの願いです。

 

​松居先生との交流で語られた、大切にしたいことばをご紹介します。

<2006年2月 初めての来松の折、工事中の絵本館を見て>

<2006年7月 絵本館開館の折、スタッフとの談話の中で>

<2007年7月 開館1周年記念原画展での講演>

<2008年7月スタッフとの質疑応答の中で>

<2009年10月 来館の折の談話>

<2008年7月 お迎えの車の中で>

<2015年5月 「夢の本棚」記念植樹の折に>

<2013年8月 絵本館制作絵本のおひろめ会で>

<活動拠点> 小松市立空とこども絵本館ホール  夢の本棚

〒923-0918 石川県小松市京町19-5  TEL 0761-23-0033