言葉を体験して覚えると心が育つ





家の中でご飯を一緒に食べるなんて、

とっても子どもにとって

言葉の良い体験なんです。

子どもが耳から聞いてる

言葉の一つ一つに、

自分の中でいろいろ感じたり、

考えたり思ったりしている。

そして、「自分の心」を育てているんです。


そういうことを

今の家庭生活でどれくらいできているか。

言葉を教えるんじゃなくて、

体験して覚えますと、

それが読書の基礎を作るんです。

言葉に対する感覚を

生き生きとさせてくれるんです。




「松居直コレクションプロジェクト会報」よ り