良い日本語に翻訳されてこそ定着





内田莉莎子さんの日本語訳は

訳されているんじゃなくて

ほんとに

日本の子どもたちに語るという気持ち。

おじいさんは

明治時代の文豪の内田魯庵先生で

ドストエフスキーを

最初に日本に紹介された方です。


翻訳は

日本語が勝負ですから

日本語が良くなければ

どんなに良い本でも

日本で定着しないんです。



「松居直コレクションプロジェクト会報」よ