絵本は「大人が子どもに読んでやる本」



絵本は「大人が子どもに読んでやる本」で

大人と子どもが「読み手と聞き手が一緒にいて共通の体験体験を共有すること」


これが非常に大切でその時に

言葉っていうものが子どもの心の中に染み込んでいく。


「松居直コレクションプロジェクト会報」より