空想の中に超真実が語られている





「うんとこしょどっこいしょ」

子どもは、意味は分かりませんけど、

2回目ぐらいになりますと、

この掛け声に非常に興味を持つんです。

3回目ぐらいになりますと、

自分でも「うんとこしょどっこいしょ」って言うんです。

それが終いになると、

幼稚園や保育園の場合は、

クラス中で「うんとこしょどっこいしょ」って言うんです。


これは、言葉が

真実を子どもに伝えてることを意味してるんです。

事実ではないけども、

本当に空想の物語の中に

超真実が語られているってことを

子どもはちゃんと見分け、

物語の世界に入って行くんです。





「松居直コレクションプロジェクト会報」よ り