本を読んでやることの意味



石井桃子先生が

楽しんで

読んでらっしゃるもんですから、

子どもたちに

その楽しみが伝わるんです。

石井先生の

言葉づかいだとか表情だとか。

もう全身から

その石井先生の楽しみが伝わってくる。

そしたら、

聞いてる子どもは、

すーっとそこへ寄り添っていくんです。

これが、

本を読んでやることの大きな意味なんです。