日本語の調べや響きを伝える




大人は、

だいだい子どもに

言葉を教えようとします。

特に、意味を教えようとします。

そうじゃなくって、

言葉の一番本質的な

「調べ」だとか「響き」だとか、

そういったところが伝わらないと気持ちが伝わらない。

生き生きとして来ないんですね。


ですから、

絵本は

子どもに読んでやるもんです。

絵本を選ぶ時に

一番考えないといけないのは、

絵本のテキストの日本語です。



「松居直コレクションプロジェクト会報」より