文章と絵を一体化させる



絵本は、

耳で聞いて、

そしてその時に

耳で聞きながら絵を読む。

その二つの言葉の世界を

一体化させるのは、

聞いている子どもたちです。


絵本は、

子どもは見るんじゃないんです。

読むんです。

なぜかというと、

あれは全部言葉です。

文章だけじゃなく、

絵も全部言葉なんです。

言葉を絵にしたんですから。

絵を読まなければ、

絵本は

半分も読めたとはいえません。


「松居直コレクションプロジェクト会報」より