教えることは余計なこと



これは

知らないだろうって説明する。

そんなことは余計なことです。

ほっとけばだんだん成長する過程で

子どもは分かりますから

教えるってことは読書の中では

考えられないことです。


「松居直コレクションプロジェクト会報」より