小さな本の形のままで読む



(大型絵本よりも)

できましたら小さな本の形のままで

読んでやった方が

いいんじゃないかと思っています。


本を手にするということが見るだけじゃないんです。

本を手にする感覚が子どもたちに定着したら

本を手にすることが生活習慣になる。


「自分でページをめくって見る」

それが

本というものの本質なんです。


「松居直コレクションプロジェクト会報」より