小さい時の豊かな生活実感を大切に



子どもは

赤ちゃんの時から、

テレビの機械語と騒音語を聞いています。

今の子どもたちの日常生活ってのは、

なんか地に足がついていないですね。

生活実感ってものを

小さい時に体験しない子どもがかなりいます。

これも、本が読めなくなる大きな原因です。

生活の中でいろんなことを実感していないと、

物語も小説も読めないんですね。

言葉がぴーんと来ないと駄目なんです。


「松居直コレクションプロジェクト会報」より