家庭に本がある環境を





私が月刊絵本を作っているのは

「家庭に本がないとだめだ」

というふうに思っているからです。

家庭に本があると、繰り返し繰り返し読む。


子どもが

喜ばなくてもいいです。

1年ほど経つと、

去年喜ばなかった本が、

すごく喜んだりすることがいっぱいあります。

その時その時で、

子どもの気持ちは変わりますから、

いろんな本があっていいんじゃないのかな

というふうに思っております。


「松居直コレクションプロジェクト会報」よ り