子どもは目で本を読む



言葉は生きる力

五感が働くほど

言葉は豊かになり

磨かれる。


子どもは

目で絵本を読む。

大人が読んであげると、

重なり合って

絵本ができあがる。

絵本は言葉の泉である。


物語に応じて

形や重さ、手触り、

閉じる音も違う。