人間の感性をとらえた物語と挿絵





ビアトリクス・ポターは、

人間の本質、人間性みたいなものを

豊かに感じることができる人で、

それを子どもに伝えようとして

書いてるわけですから、

目にみえるように生き生きと書いてる。


写実的でしっかりとした挿絵で、

子どもに本当のものを見せる。

物語がとっても難しいけれども、

それをちゃんと支えて

見えるようにしてくれる挿絵が

見事に組み合わされてる。


物語と絵と両方で、

読者は自分の中に

生き生きとした世界を作ることができる。

さらに、人間の感性を

しっかりとらえた物語展開がされている。




「松居直コレクションプロジェクト会報」よ り