まずは家庭で読んでもらう体験を



図書館だとか、あるいは幼稚園や保育園だとか、

学校だとか、子どもの集団の場で読むってことは、

とっても意味がある。


でも、家庭で

読んでもらうっていう体験があって、

それから集団の中で読んでもらいますと、

それがほんとに広がっていく。


みんなが喜びを共有するとか、共感するとか、

そういう体験をすることによって、

自分の喜びっていうものが

もっと強くなってくることがあります。


「松居直コレクションプロジェクト会報」より