どれほど生きる力を持っているか



言葉があるから

人間は

生きていくことが出来るんです。


その生きる力の

言葉が

今どんどん衰えて

行ってるわけですから

子どもたちが

どれほど生きる力を持ってるかは

とても疑問です。



「松居直コレクションプロジェクト会報」より