top of page

あれから3か月

令和6年奥能登地震が発災してから3か月が過ぎようとしています。

昨日足を運んだ輪島市門前町諸岡公民館(地区の避難所となっています)ではようやく水が出るようになりました。ただ各家庭では水道の配管の破損からすべて完璧にとはまだいかない様子です。発災当時のままに崩れ落ちていた家屋もようやく解体が始まり、少しずつ様子が変わってきました。仮設住宅の入居も始まりましたが希望者が全員入居できるわけではありません。避難所生活はまだまだ続きます。

あたりをみれば早咲きの桜が咲きソメイヨシノのつぼみももうすぐに開花しそう。ウグイスのさえずりも聞こえて能登にも確実に春がやってきています。被災地の皆さんの笑顔が少しでも増えますように。



Comentários


bottom of page