top of page

「ことばをたべよう会」の開催

5月20日(土)に松居直コレクションプロジェクトのメンバーで勉強会を行い和やかな時間を過ごしました。勉強会といっても皆で絵本を通しての気づきや感じたことを語り合う会で、

今年の活動のテーマの「言葉を食べよう」にちなみ会の名称も「ことばを食べよう会」とすることにしました。


3月21日に1回目が開催されましたが、前回に引き続き『絵本の中へ帰る 完全版』高野志保 著(夏葉社)から1編を取り上げました。

今回は『きつねにょうぼう』長谷川摂子 再話 片山健 絵(福音館書店) についてで、まずは取り上げてくれたメンバーに絵本を読んでもらい、そのあと参加したそれぞれが自由に語る機会を持ちました。

このお話は旧山古志村に伝わる昔話からできていて、絵本に出てくる言葉には方言が使われています。言葉ひとつひとつに味わいがあり物語に深みを与えています。ページをめくるとパッと目に飛び込むページいっぱいに描かれた美しい絵。こんな機会がなければ気づくことができませんでした。きつねのしっぽからたぬき、カモシカの話まで話題はどんどん進みます。とても楽しいひと時でした。

次回は6月17日(土)13:30~。

メンバーのひとりに七尾地方の昔話を聞かせていただきます。七尾弁で語ってくださるそうでとても楽しみ!ご興味のある方はぜひHPからでもお問い合わせください。



コメント


bottom of page